b6ab5f6a26b67711aba47913f656fae5_m

ETCカードを発行したいクレジットカードランキング

高速道路の走行料金が割引になるため、ETCカードの需要が増えています。
ETCカードはクレジットカードに紐づけて発行します。
クレジットカードにETC機能が付帯している一体型とクレジットカードとは別に発行する分離型がありますが、おすすめなのは分離型です。
ETCカードは車内に放置してしまい、盗難に遭うケースが多いです。
万が一盗難されたときのことを考えると、被害額を最小限に抑えられるのは分離型でしょう。

ETCカードを発行したいクレジットカードランキングも、分離型が上位になっています。

・ETCカードを発行したいクレジットカードランキング

ランキング1位はJCB EITカード。
JCBのプロパーカードで発行するETCカードは、年会費無料・発行手数料無料なのでおすすめです。
JCBカードの中でもJCB EITがランキング1位なのは、クレジットカードの年会費も無料だからです。
そしてポイントが他のJCBカードの2倍となっているので、ETCカードの利用時は1.0%のポイントを獲得できます。
JCB EITはリボ払い専用クレジットカードですが、初回のリボ手数料は無料です。
初回で全額支払ってしまえばリボ手数料なしとなりお得です。

ランキング2位はセゾンカード・インターナショナル。
セゾンカードのETCカードは、年会費無料・発行手数料無料なのでお得です。
そして最大の特徴となるのが、即日発行が可能なETCカードだということです。
全国のPARCOなどにあるセゾンカウンターで受け取れば、即日発行が可能なのです。
ETCカードが即日発行できるのは、現在はセゾンカードのみでしょう。
セゾンカードを持っていなくても、セゾンカード・インターナショナルと一緒にETCカードも即日発行することができます。

ランキング3位はイオンカード・セレクト
イオンカードのETCカードは、年会費無料・発行手数料無料で人気です。
特に女性に支持されているETCカードなのですが、その理由はETCゲート車両損傷お見舞金制度です。
ETCゲートのバーに車を接触させてしまったときに、車両の修理代として年に1度5万円のお見舞金が支払われます。
久々に高速道路を走行したりすると、うっかりバーに車両をこすってしまう…なんてことはあるんですよね。
車はちょっと修理しただけでも高額になりがちですから、このようなお見舞金制度があると安心です。
他にはないサービスがあるETCカードということで、ランキング上位になっています。