90e3b95a01d9128057f0c67872a125c4_m

低年会費ゴールドクレジットカードランキング

ゴールドカードというと、一部の富裕層しか発行できないクレジットカードというイメージがあります。
しかし今はごく普通の人でも発行できるようになりました。
それは低年会費のゴールドカードが登場したからです。
通常ゴールドカードの年会費は1万円程度ですが、低年会費ゴールドカードは2,000円~5,000円程度で持つことができます。
審査基準も低めに設定されており、身近なゴールドカードとなっているのです。
ゴールドカードが欲しいなら、まずは低年会費ゴールドカードを狙ってみると良いでしょう。
低年会費ゴールドクレジットカードランキングを見れば、自分に合ったものが見つかると思われます。

・低年会費ゴールドクレジットカードランキング

ランキング1位はMUFGカードゴールド。
低年会費ゴールドカードの草分けと言える存在です。
年会費は1,905円(税別)と、ゴールドカードにしては格安!
18歳以上で安定収入が本人または配偶者にあれば、申込みをすることができます。
これまでゴールドカードは30歳以上にならないと発行対象にならないとされてきましたが、10代でも申込ができるというのは衝撃的だったようです。

ランキング2位はイオンゴールドカード。
ゴールドカードでありながら、なんと年会費は無料なのが驚きです。
ただイオンゴールドカードは、インビテーションのみでしか発行することができません。
自分から申込をして取得…ということはできないので、まずはイオンカードを発行しましょう。
イオンカードの利用しゴールドカード発行条件に達したら、インビテーションをもらうことができます。

ランキング3位はエポスゴールドカード。
コスパが高いゴールドクレジットカードとして、ランキング3位となりました。
年会費は5,000円と格安なのですが、年間50万円以上利用した場合は翌年度の年会費は無料になります。
またエポスカードからのインビテーションによる入会も、年会費無料となります。
ゴールドカードを使う人は年間50万円以上の利用はあるかと思いますが、インビテーションで入会した方がお得ではあるでしょう。

低年会費ゴールドカードは、一般ゴールドカードに比べるとサービスは劣ると言われています。
通常のクレジットカードを金色にしただけじゃないの?と揶揄されることも…。
空港ラウンジ無料利用サービスがあっても、利用できる空港が限られているといったこともあります。
利用前に確認しておくと良いでしょう。